2015.1.26から2015.2.1までの投稿記事のまとめ☆

昨日自社の仕事の話をして、ビッグデータなどの記事を投稿しているけど、特にビッグデータを専門の仕事としてやっている訳ではないですよという話をしました。誤解があるといけないので今に至る経緯を書いておきます。チャーリーでは4年ほど前に社内SNSを開発していて、それにTwiterやfacebookとの連携機能を盛り込み、他者の投稿を取り込んで気の合う人を探すという機能を付与しようとしていました。連携して投稿したり、データの取り込みは難しい話ではありませんが、自然言語処理はかなりの難題でした。当初はNoSQLのHibariを用いてErlangを学びつつ進めましたが困難を極めました。その時、既に機械学習ができるようになっているオープンソースであるオンライン機械学習向け分散処理フレームワークJubatusを見つけ再チャレンジをしました。研究開発はとても楽しいですが食えないという至極真っ当な理由により無念の撤退となり、以降は仕事としてはやっていませんが、その時ビッグデータ、NoSQL系の情報を集めていたのが今に至って続いています。

インターネットの発展によりデータの爆発が起き、その処理を行うためにHadoopやNoSQL等のビッグデータ処理技術が生まれ育ち、Webのアクセスログの考え方をリアル社会でも実現しようとしてセンサーからデータを取り込むIoTが発達、人工知能はその昔ナレッジエンジニアが地道に知識ベースを構築して失敗したエキスパートシステムからネットに溢れ返るデータを知識ベースとして見事に復活を果たしました。そして誰しもが持ち歩き情報発信するスマートデバイスの普及、人と人を繋ぎコミュニケーションを促進するソーシャルメディアの広まり、そしてWebアプリなどの参入障壁を圧倒的に低くしたクラウドの発展はこれまで以上にデータの増大を加速させます。最近読んだ「Know」というSF小説では増えすぎた情報(データ)を管理すべく人間の脳に直接デバイスを接続させ、ネットのデータや人工知能に脳から直接アクセスする未来が描かれてました。直接の脳へのデバイスの埋め込みはさすがに抵抗がありますが、各種ウェアラブルを用いて人、モノ、人工知能が繋がり、それに近い状態なることはもはやSFではありません。

このように、とても面白い時代に生きていることに感謝し、情報(データ)の著しい増大とそれを活用する新しい技術に注目してピックアップを続けていくと共に、新しいビジネスチャンスをうかがっていきます。ご興味のある方は今後ともお付き合い頂けると幸甚ですm(_ _)m

前置きが長くなりましたけど、2015.1.26から2015.2.1までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事の纏めです。

たしかに、WindowsがOSのロボットなら恐ろしいかも^^;|近い将来、人工知能は人類の脅威となるのか。ビル・ゲイツ「人類はロボットを恐れるべきである」|U-NOTE【ユーノート】 http://bit.ly/15VORY2

グーグルがしきりに自動車の開発に乗り出したり、スマートグリッドに先鞭をつけているのはご存知の方も多いことと思われるが、こうした動きもIoTにつなげていく先進的な動きのひとつと考えればわかりやすい☆|ソフトバンクグループ再編で狙う新たな事業分野「IoT」とは(ZUU online) – Yahoo!ニュース http://bit.ly/15VOLiZ

人間の赤ちゃんは1歳半から2歳くらいで急に言葉を覚え始めますが、それまで赤ちゃんの脳が何もしていないわけではなく、2歳までに着々と概念を獲得しているのです。その概念を獲得する学習方法をDeep Learningと呼ぶそうです☆|ダーウィンもびっくり。最近の人工知能は人間の赤ちゃんと同じ進化の過程をたどる : ギズモード・ジャパン http://bit.ly/1zGS3o9

既存の次世代・機能推進本部を「ICT事業本部」と、物流や金融の「コーポレートディベロップメント本部」に分割し、消費者向け部門からメディア事業をICT事業本部に移管する☆|三井物産、IT営業本部を新設 IoT市場など開拓  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1CjlTiK

AirBoard本体は500円玉より少し大きいサイズ(40×25×9mm)の基板で、超小型の無線通信シールドをコネクタに挿すだけで、Wi-Fi、Bluetooth、XBeeの各無線通信をサポートする☆|IoTがすぐ開発できる! ミニサイズのArduino互換機「AirBoard」 | fabcross http://bit.ly/1znTrc1

一部の保守派は、FTCのアプローチが広範過ぎるため、大半のIoT企業のイノベーション(技術革新)が阻害され、事業を軌道に乗せることができなくなると主張している☆|米FTC、IoTを介したデータ収集の制限を勧告 http://on.wsj.com/1z0NJhD

IoT製品から収集した多くの情報を活用して、Googleの広告事業の強化することも可能なはずだ☆|GoogleのMVNO参入、狙いはIoTによる新ビジネス創出か http://nkbp.jp/1BvoqUe ‪#‎ITpro‬

とても勉強になる論考です。横並びで技術を切磋琢磨するチェンバレン型が日本人の気質に合っていて居心地が良いのだと思う。この先それで良いかは別ですが^^; http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150126/276687/?P=1

IBMのスーパーコンピュータ「DeepBlue」は、チェスの世界チャンピオンGarry Kasparovを破ったが、これはチェスというゲームに特化した専用システムである。これに対し、DeepMindはゲームの種別に依存しないで、汎用的に学習できる点が最大の特徴である☆|「Google DeepMind」が驚異的な速さで学習!人工知能への危機感も高まる http://nkbp.jp/1BgtNnI

♪本日のプログレは、1984 by Anthony Phillips、1981年の発表。ビッグデータでの監視社会を懸念する場合によく引き合いに出されるジョージ・オーウェルの同名の小説からインスパイアされたインストの大作。シンセによるシンフォニックな音作りが見事です☆最後のAnthem 1984がまた陰鬱な読後感を思い出させます。。。♪

1984

JASIPA第49回定期交流会で倉貫さんのご講演を聴いて。

昨日1月29日(木)にJASIPA第49回定期交流会(賀詞交歓会)を開催しました。多数の皆様にご参加頂き、大盛況となりました。 心よりの感謝を申し上げますm(_ _)m

ソニックガーデン倉貫さんの『「納品のない受託開発」と、その先にあるIT企業の未来』と題したご講演は多くの参加者の琴線に触れたようで、懇親会、二次会などでも感動の嵐が吹き荒れてました。

それは倉貫さんがプログラマを「プログラミングのスキルを使って、問題解決をする職業」と捉え、高い誇りと信頼を待っていること、具体的には、「プログラマを誇れる仕事にする。」、「ノルマをなくす。」、「管理をなくす」、「のれん分け」の独立支援など。それに応えてプログラマはシステムを作るのではなくユーザ企業のビジネスをITで支援する仕組みを構築し、ビジネスの成長・変化に合わせて自在にシステムを成長・変化させる。それがユーザ企業に同志とまで言わせる信頼関係を育む好循環を呼び込んでいるようです。会社(経営者)、プログラマ、ユーザの三者間の素晴らしい信頼の循環です。斎藤徹氏の「BE ソーシャル! ―社員と顧客に愛される5つのシフト」を思い出しました。

もっともプログラマと言いつつもいわゆるSI企業の用語を使うとコンサル+SE+プログラマ+インフラ運用エンジニア程度の幅広う仕事、いわゆるフルスタックエンジニアをこなすことが要求され、エンジニアのハードルは高い、その高いハードルを現実的なものにするために、特定のクラウド開発基盤でのWebアプリ開発に限定してのビジネスを行っているようです。

20150129倉貫

2015.1.19~2015.1.25までの投稿記事のまとめ☆

2015.1.19から2015.1.25までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。記事にある第3回ITACHIBA会 議は実際に参加しました。東急ハンズさん、すかいらーくさんなど先進ユーザ企業が勝つためにITを活用しているのを目の当たりにしました。これからは我々 IT企業はユーザ企業へ勝つためのITの提案が重要なのは自明ではあるが、その前に中小IT企業がいつまで紺屋の白袴ままでいるのではなく、自分たちの 為の勝つためのITの活用が必要なのを痛感した。

転送速度やセキュリティ面 を向上させるほか、新たなプロファイルによりIPv6を介したインターネット直接接続も可能になるのが特徴☆|「Bluetooth 4.2」でIoTとスマートホーム加速へ。オーディオも進化 – AV Watch http://bit.ly/1t883wr

ネクタイの色もアドバイスして貰えるようです☆|まるで人間の執事!頼れる人工知能ロボット「Personal Robot」|ガジェット通信 http://bit.ly/1GJGmjz

前 編もあわせて読むとディープラーニングの動向が良く分かります☆|「表現を獲得」した人工知能――50年来のブレークスルーで、いま人工知能は急速な進化 を始めた(後編) | Mugendai(無限大)| 新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア http://bit.ly/1y4jAZi

昨 日参加した第3回ITACHIBA会議が早くもまとめられてます☆【速報メモ】ITACHIBA会議「コスト削減のITはもう古い! 勝つためのITをみんなで考える」に行ってきました|クラスメソッドブログ http://dev.classmethod.jp/etc/itachiba03/

将 来的にはウイルスなどのマルウエアにAIが組み込まれ、自動的に能力アップする機能が装備される見通しで、過去事例の分析や人的スキルだけでは防御に限界 があり、高度なAIを駆使する必要があると判断した☆|東京電機大、「サイバー攻撃」を人工知能で対抗-防御・攻撃AI開発、先回り対抗:日刊工業新聞 http://bit.ly/1CtHQbo

フェイスブックの昨年9月末時点の常 勤社員数は8348人で、グーグルの約5万5000人や、マイクロソフトの約12万7500人(昨年夏に1万8000人の削減を発表)に比べてはるかに少 ない☆|米フェイスブック、仮想現実・無人機への事業進出で採用活発化 | テクノロジーニュース | Reuters http://bit.ly/1CtHJwk

シャピロ会長は「日本の技術力は評価 するが、経営や開発にもっと多様性を求めなければ新しいニーズはつかめない」と手厳しい☆|(中外時評)家電市場変える「IoT」 技術新潮流映す米見本 市 論説委員 関口和一 :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1IQ9QKq

毎 年1月に開催されるCESは、その年の大きな業界動向を占うという側面もある。IoTの本格普及に向けて、大きな一歩を踏み出したといってよいだろう☆| 第1回 IoT時代到来、テレビや自動車のスマート化が見えてきた http://nkbp.jp/1B5Yhv5 ‪#‎ITpro‬

警 察の事故情報と歩行者とかドライバーからの投稿情報、これを重ね合わせることによって、潜在的に事故が起こりうる危険性がある場所、これを浮かび上がらせ る☆|5400万件の急ブレーキをマッピング 見えない危険を可視化する、ホンダのビッグデータ活用術 | ログミー[o_O] http://bit.ly/1B5YdLy

♪本日のプログレは、Unorthodox Behaviour by Brand X 。リアルタイムでは、ロックではほとんど聴くことのなかったリズム、ドラムとベースがとても新鮮でした♪当時はフュージョンじゃなくクロスオーバーと呼ばれていました♪

0001

2015.1.13~2015.1.18までの投稿記事のまとめ☆

2015.1.13から2015.1.18までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事をまとめました。

「薬局サーベイランス」は、登録データから個人情報を除いた地域や年齢の情報を自動的に収集し、患者数の動向を把握しようというものです☆|Reading:インフルエンザ流行を薬処方データでつかむ NHKニュース http://bit.ly/1IUNBRH

Beaconのビーコン発信に使われているBLEは、2010年に策定されたBluetooth 4.0で追加された仕様。もともとはフィンランドのノキアが開発した独自の低消費電力通信技術「Wibree」がベースで、既存のBluetooth規格とは互換性がない☆|iBeacon http://nkbp.jp/15euvc1 ‪#‎ITpro‬

IDCジャパンが「国内IoT市場の売り上げが2013年から2018年にかけて倍増する」とみているのも、単なる可視化IoTではなく、こうしたデータの高度活用を図るIoT関連システムが急成長すると予測しているためである☆|IoT分野で業種業務別ストーリーを作る年 http://nkbp.jp/1KOmOKo ‪#‎ITpro‬

最終的に、システムを動かし続けるために必要な判断が複雑すぎて、人間が適切に判断できなくなる段階が来るかもしれない。その段階で、機械が実質的に支配権を握る☆|人工知能ってどう怖いの? 人類を滅ぼすいくつかのパターン : ギズモード・ジャパン http://bit.ly/1KOmNGg

「たまに出るご褒美につられる」「ご褒美が近づくと行動が加速する」という現象はどちらかといえば無意識的な行動です。熟慮した選択とは異なります☆|データに表れる案外単純な人間行動の法則 http://nkbp.jp/1KOmKdC ‪#‎ITpro‬

人工知能が不得意な分野を見つけるためには、人工知能のことを理解できていなくてはいけません。僕らが生き残るためには必要なことです☆|『人工知能ができないことを把握する』ドワンゴが人工知能研究所を設立したワケ ~川上量生氏インタビュー #3/3|SENSORS| http://bit.ly/1DVpTUc

認可制や罰則規定など適切な枠組みがなければ、日本の遺伝子検査は間違った方向に進む。今は国の管轄が医療は厚生労働省、検査ビジネスは経済産業省となっている。こうしたダブルスタンダードは日本だけだ。一体化しなければ、弊害が出る☆|民間企業も相次ぎ事業参入…「遺伝子検査」の現状と課題は(産経新聞) – Y!ニュース http://bit.ly/1A8Upq4

人が成長するためのツールとして活用できると良いな☆|人工知能(AI)は「人類にとって最大の脅威」か? http://nkbp.jp/1A8QLMU ‪#‎日経ビジネスオンライン‬

ビジネスに関係する行動経済学の話題、興味深い連載が始まったようです☆|データから説得力ある“ストーリー”を導くには? http://nkbp.jp/1A8QGIX ‪#‎ITpro‬

♪本日のプログレは、BRAIN SALAD SURGERY by Emerson, Lake & Palmer、1973年の発売。初めてリアルタイムで購入したELPのアルバム、ジャケットデザインはその観音開きも相まってとても衝撃的でした。そのデザインを行ったH・R・ギーガー氏を偲んで♪

0005

2015.1.3~2015.1.12までの投稿記事のまとめ☆

2015.1.3から2015.1.12までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。

免疫システムが病原体を識別するために行っているパターン認識は、テロリストを識別するために使われる技術と変わらない☆|伊藤穰一:これから人間や生物の「インターネット化」で起きること http://bit.ly/1A3DZiD

より深く人の心を斟酌することが人が人たる所以なのだろうか☆|フェイスブックが示した、人工知能の”決定的な欠陥” http://bit.ly/1tRGena

たとえば手を叩く音で部屋の照明を点灯させたり、赤ちゃんの泣き声をクラウドで認識してスマートフォンに通知を送ったりできます☆|音をクラウド解析し、処理を実行する IoT デバイス Listnr 発表。Cerevo とパナソニックが開発協力 http://engt.co/1Ktt1eD

なぜリクルートはここまでの巨額を投じてまでプログラミングコンテストを主催するのか。背景にあるのは従来からあるリクルートのイメージ、つまり「体育会系営業会社」からの脱却だ☆|リクルートが巨額を投じてプログラミング大会を開催する理由 http://nkbp.jp/1Axt8CT

中国は世界最大のスマートフォン(スマホ)大国であり、受け入れ側の日本としてもスマホ対応が不可欠となりそうだ☆|中国人が訪れたい国 日本、2年連続で首位  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1tKQm6I

2001年、ターミネーター、マトリックスは観た!地球爆破作戦、ウエストワールドは今度見てみよう♪|人工知能は人類を超えるか? SF好きは絶対に見るべき「人工知能映画」5選! – エキサイトニュース http://exci.to/1w1hSqX

来年は行ってみたい☆|RT 主役はモバイルからIoTへ、世界が注目するテクノロジーの祭典——現地からレポート「CES2015」 ‪#‎マーケティング研究室‬ ‪#‎アドタイ‬ http://bit.ly/1w1hTv0

富士通としては、このIoTプラットフォームを軸にいろいろなメジャープレーヤーやお客様、パートナーから共感をいただきエコシステムの形成を目指しています☆|2015年 新春インタビュー特集:「ヒューマンセントリックIoT」推進、IoTビジネスは顧客との共創で──富士通・香川執行役員 – ITmedia エンタープライズ http://bit.ly/17gIO17

『情報システム部門に何か頼むと「半年かかる」などと言われてしまうから、表計算ソフトとパソコンで処理している人は結構いる。』とのことです。そこで、forguncy☆|今年こそ、社長が喜ぶシステム開発を http://nkbp.jp/1BmYx9Z ‪#‎ITpro‬

絶対に押さえておきたい2015年IT業界重要イベントカレンダー【1/6更新 5件追加】 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150103-00000001-asciiplus-sci

Hadoopのキラーアプリケーションは,SQLの処理系になりそうです☆|新春特別企画:2015年のHadoopとビッグデータ活用 ‪#‎gihyojp‬ http://bit.ly/1y2HdY9

MQTTはHTTPSと比べて、通信量は約10分の1から100分の1、メッセージ送受信時のバッテリー消費量は10分の1以下であるという☆|若手エンジニアが解説するIoT時代の通信プロトコル「MQTT」 | O2O イノベーションラボ http://bit.ly/1K7CXKy

♪本日のプログレは、Amused Death by Roger Waters 、92年発表のソロ三作目。前作に続くデヴィッド・ボウイ風の歌唱スタイルに磨きがかかり、ジェフ・ベックのギターが絡みます。大人のロックとしても、とても素敵な一枚です♪

Rw003

2014.12.22から2014.12.31までの投稿記事のまとめ

遅ればせながら、2014.12.22から2014.12.31までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。

来年1月1日からfacebookに関する利用規約改訂、「個人データが米国に転送され、米国で処理されることに同意します。」など☆|2015年1月1日からフェイスブックにアクセスすると売国奴と呼ばれる?(神田 敏晶) – Y!ニュース http://bit.ly/1EG76jX

2014年度上期は239,025台で対前年比96.3%で若干減少 ☆|株式会社ノークリサーチ:2014年度上期PCサーバー出荷調査報告 http://bit.ly/1zC1Hr5

政府や自治体は防災関連や各種統計などの情報を利用しやすい形で広く公開する「オープンデータ」に取り組む考えだが、企業が持つ情報がオープンデータとして活用される意義は大きい☆|広島土砂災害で活躍 車のビッグデータが人を救う  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1ripVnl

「NoSQLデータベースは結局のところ、現在データ量が急増している『非構造化データ』のためにある。NoSQLではなく『非構造化データベース(DB)』と呼ぶのがふさわしい☆|「NoSQL」は根付いた http://nkbp.jp/1sZmDAP ‪#‎ITpro‬

データサイエンティスト女子座談会、ITの世界で女性がもっともっと活躍すると良いな☆|分析力よりも業務知識 ビッグデータ分析に必要な力  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1AGMRyk

「日本からの便はまだまだ予想が完全にはフォローされていないようです。」、とのこと、早く充実すると良いですね☆|飛行機のチケットの買い時をビッグデータで予想して通知するサービス「FLYR」 – GIGAZINE http://bit.ly/1sZmtJZ

コンテナ型仮想化を積極的に取り入れたPaaSとともに、マイクロサービスは2015年に注目されるキーワードになるでしょう☆|Publickeyが選ぶ2014年のITトレンド。相次ぐ国内データセンター、状況を一変させたDocker、フラッシュストレージベンダの転換期 - Publickey http://bit.ly/1GVbuJL

今後もIoT関連事業者が成長するには、垂直市場に精通した事業者との連携や、トライアル環境の提供などが重要だという☆|13年IoT市場は11兆円 18年にはほぼ倍増と予測 – DATA&DATA:ITpro Active http://nkbp.jp/1xJ1uSh

DCSpiderは、ベースとなるエンジンとして、アプレッソが開発した汎用のEAIミドルウエア「DataSpider」を利用している☆|テラスカイ、Salesforce連携ミドルウエアがAWSとも連携可能に http://nkbp.jp/1xJ1qBZ

端末には一切データを残さない仕組みとした。端末で利用するすべての業務アプリはモバイル回線を介して自社運用するプライベートクラウド環境の上で動作する☆|タブレットで事務効率化と営業改革 契約も電子ペンでペーパーレスに http://nkbp.jp/1xJ1pho ‪#‎ITpro‬‪#‎ITpro‬

背景にあるのが、2015年10月の施行が確定している「労働契約申込みみなし制度」の存在だ☆|衆院解散で廃案となった改正派遣法、2015年10月施行シナリオのワケ http://nkbp.jp/13xv3ZT ‪#‎ITpro‬

「アプリやSNSから情報が漏れる事件も目に付く。社会的信用が失われると、金銭とは違った意味で痛手だ。」、危ないアプリは使うのを止めましょう! |今までのセキュリティの常識はもう通じない http://nkbp.jp/1x9wYRN ‪#‎ITpro‬
岡山県の馬宮和人県民生活部情報政策課長は「民間調査で岡山県の認知度は全都道府県で41位と低い。まずは岡山の認知度を高めるために、県外の人から『岡山がどう思われているか』をきっちりと把握したい」と話す☆|3.5万件のつぶやき分析、PR戦略に活用 – 事例データベース:ITpro Active http://nkbp.jp/1x9wU4J

なぜ、強い会社はロボットを活用しているのか?|ロボットが大活躍!買い物支援だけでなく、マイクロソフトの社屋警備をする時代に http://nkbp.jp/1x9wStv ‪#‎ITpro‬

♪本日のプログレは、Endless River by Pink Floyd 、前作の『対/TSUI』以来20年振りで発表され、世界中で大評判となったラストアルバム。いかにもピンクフロイドらしいアンビエントサウンドに包まれる至福のひと時です♪

towa1

 

2014.12.15から2014.12.21までの投稿記事のまとめ

2014.12.15から2014.12.21までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。先週注目を集めたのは木村岳史氏の極限暴言!の一連の記事、ざっくり纏めると「日本のIT産業はは労働集約型産業の多重下請け構造で、ユーザ企業の部分最適をそのままシステム化しているだけなので、技術レベルはいつまでたっても底上げされない。また、マーケティングができてないので、世界に通用するプロダクトやサービスを立ち上げることができない。」となる。何ともボロクソでですが、部分最適をそのままシステム化しているレベルではマーケティング以前にまともなプロダクトやサービスは無理というものです。また、プログラマを何人も抱えてその食い扶持を探していたら部分最適だろうがなんだろうが、仕様が決まっている作業はとてもありがたいものです。そこから転換するのは容易なことではないですが、先ずは脱下請けを図りユーザ企業と対峙することがこれからの中小IT企業にとって重要なことではないでしょうか。

ニューラルネットワークについての議論は1980年代からあったが、いま再び注目されている☆|最先端の人工知能が、Skypeのリアルタイム機械通訳を可能にした http://bit.ly/1zhKQK6

Deep Learning技術の最近の動向とPreferred Networksの取り組み http://slidesha.re/1zK5sJY

東京経済大学コミュニケーション学部教授の西垣通氏は分散AI、WebベースAI、ビッグデータなど『とにかく多くの情報を集める』というアプローチで、人間をしのぐ知が本当にできるのか? もっとちゃんと考えた方がいいのではないか」と指摘した☆|元専門誌記者が抱く「イマドキのAI」への期待とモヤモヤ感 http://nkbp.jp/1r3K4NU ‪#‎ITpro‬

この10年間で、センサーのコストが約1/2に、ネットワークの帯域幅当たりのコストが約1/40に、計算のコストが約1/60になった☆|飛躍するかIoT、2020年に3兆米ドルの市場に熱視線 http://nkbp.jp/1r3K2FN ‪#‎ITpro‬

世界に貢献!素晴らしい^^/|日本から初めて3人がHadoopコミッタに就任。NTTとNTTデータから。業務としてのコミッタは人事評価も有利になる? - Publickey http://bit.ly/1uXzRhg

「日本のITベンダーはマーケティングの力が決定的に弱い。」、JASIPA定期交流会でご講演頂いた庭山さんにも強くご指摘頂きました☆|SI亡国論(その4)- 日本の成長に向けITベンダーの9割は要らない http://nkbp.jp/1wikDJa

優れたパフォーマンスを発揮しているIT部門では、DevOpsが標準的なやり方になりつつあるという。「アプリケーションに対して新たな変更をリリースする頻度が30倍になり、市場の活用と売上の伸びが高まる」☆|これからのCIOの役割は「イノベーションの基盤」の構築(後) http://nkbp.jp/1wiktS9

QRコードの場合、人がQRコードが張ってある場所に近づいて、スマートフォンのカメラを向けて操作する必要があります。しかし、ビーコンの場合は、受け手の操作は不要。スマートフォンを持っている人が近づくと、アプリの側が自分で起動し、情報をプッシュしたりWebサイトへと誘導したりします☆|O2Oツールとして注目が高まる「BLEビーコン」、スタッフ配置の最適化など様々な用途に http://nkbp.jp/1zuyIUV
アイティメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大槻利樹)は、株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:峰岸真澄)より、法人向けIT製品選定サービスであるキーマンズネット事業を、2015年4月1日をもって譲り受ける旨の契約を本日締結しましたので、お知らせします☆ http://corp.itmedia.co.jp/pr/releases/2014/12/17/20141217/

日本の衰退を阻止するためにもIT業界は根本的に変わらなければならない。 中小ソフトウェア開発会社は身の丈にあったユーザ企業との取引がその第一歩かと☆|SI亡国論(その3) – 「ハイテク産業」の仮面と労働集約の崖っぷち http://nkbp.jp/1ztxdFh ‪#‎ITpro‬

日本では今春からサービスを本格的に始めた。現在は東京でタクシー会社と組んでサービスを提供しているため、特にトラブルは起きていないという☆|米ウーバー、スマホ配車世界で逆風 タクシー業界と摩擦拡大 営業停止や提訴 :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1zhpcEh

ボトムアップだと部分最適は必然、IT業界やIT部門が全体を俯瞰して最適を図れるかが生き残りの課題でしょうか☆|亡国論(その2)- 日本企業のイノベーションを20年遅れにした罪 http://nkbp.jp/1BLTfDt ‪#‎ITpro‬

デンソーアイティーラボラトリの画像認識システムに限らず、人工知能のレベルが近年急上昇している。その原動力が、脳の仕組みを模した「ディープ・ニューラル・ネットワーク」というシステムを使用する機械学習である☆|ビッグデータは人工知能に任せた!~眠れる情報を“宝”に変える(2/3) | nikkei BPnet http://nkbp.jp/1vT3ocg

徘徊老人向けにも使えそうです☆|子どもとの位置をトラッキング&通話できるリストバンド「LG KizON」、欧州でも発売 http://bit.ly/1zYqtQF

テストの自動化とテスト環境構築の自動化が今後のトレンドに☆|識者が「テスト」の知恵を披露、専門セミナー開催 http://nkbp.jp/1zYqkNa ‪#‎ITpro‬

♪本日のプログレは、Photos of Ghosts by Premiata Forneria Marconi 。ピート・シンフィールやマンティコアレーベルの影響もあるのか、叙情性+スピード感を合わせ持ったこのバンドは当時もとてもお気に入りでした。今年は念 願かなってライブを観ることができました♪PFM_E_1

2014.12.8から2014.12.14までの投稿記事のまとめ☆

2014.12.8から2014.12.14までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。先週はIoTの記事が多くの注目を 集めました。IoTの活用例でわが国でもっとも著名で例に挙がるのはコマツ機械稼働管理システム「KOMTRAX(コムトラックス=Komatsu Machine Tracking System)」と呼ばれるシステムで、2001年より標準装備化を進め、2011/4現在で約62,000台のKOMTRAX装備車両が国内で稼働し、 GPS、通信システムが装備され、車両内ネットワークから集められた情報やGPSにより取得された位置情報が通信システムにより送信され、保守管理、車両 管理、稼動管理、所領位置確認、省エネ運転などを支援し、ハード単体から「ハード+サービス」でのビジネスモデルへ展開している (http://www.komatsu-kenki.co.jp/より)。「IoT時代に対応したデータ経営2.0の促進」の記事にもありますが、小 売、医療、交通、都市経営など様々な分野で、現場から大量のデータを集め、ビッグデータ処理あるいは人工知能により分析しフィードバックすることで価値を 創造する新しい産業分野の創出が求められています。

企 業や商業データセンターに設置されたサーバーのみで動くのではなく、シスコシステムズ製のネットワーク機器でも動くソフトウエアを提供することでライバル との差別化を目指している。同社が提唱するフォグコンピューティングの一環ですね☆|米シスコシステムズ、ビッグデータ分析に新ソフト http://on.wsj.com/1DkqEtz

超小型IAプロセッサ Quarkを載せたGalileo や Edisonなど末端のデバイスやセンサーからクラウドまでを統一して提供するプラットフォーム☆|インテルの独自IoTプラットフォーム Intel IoT Platform発表。センサからクラウドまで一括提供 http://engt.co/1skivka

岡野原氏は「IoT(モノのインターネット)+人工知能」が次のパラダイムだと見ているようだ。「あらゆるアプリやサービスは、バックエンドで人工知能につながるようになります」と指摘する☆|人工知能が急に進化し始めた! http://bit.ly/1zehYj7

IoT時代に対応したデータ経営2.0☆ http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2014/12/_ititit_iotaiit_pc_iot.html

今 後、日本のSI業界の構造は変化していき、ユーザー企業で抱える問題点も顕在化していくであろう。その時に、企業内のデータ資産の管理レベルを上げること が必ず主要テーマの一つになると筆者は確信している☆|[バッドデータ(5)]「データマネジメント」に踏み出そう http://nkbp.jp/1whnJgf ‪#‎ITpro‬

あの Watsonの技術が、一般の顧客にも利用してもらえるようになります。クラウド環境でSoftLayerの上に実装され、どのような方でもすぐに使えま す。さらに、3rdベンダーにもどんどんWatson技術を利用したアプリケーションを開発してもらうため、数1000のAPIも提供します」(森 氏)IBM森氏、秘蔵プロジェクトを例にビッグデータ活用のプラットフォームを紹介 (1/2):http://bit.ly/1BiGG2h

診 療の内容や投薬データから、糖尿病患者と診断されているのに病院で治療を受けていない人や、生活改善のための指導を受けていない人を特定する☆|埼玉県、 糖尿病患者に通院促す 医療ビッグデータ活用  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/1uo31H5

Citi Bank、Air Canada、Sprint、メキシコの銀行Banorteが、すでに導入開始したことを明らかにしました☆AppleとIBM、企業向けiOSアプリ 「IBM MobileFirst for iOS」第1弾を提供開始 http://iphone-mania.jp/news-55258/

イ ンターネットにつながると、ネット上のクラウドで処理を実行できるようになり、単独ではなく多数の機器から収集されたデータを基に判断できる。そのため、 事象をより正確に再現し、判断・実行することが可能になる☆|IoTでユーザー体験を向上、イノベーション型開発で進める http://nkbp.jp/1sjOlba ‪#‎ITpro‬

正式リリース までの期間中にForguncyで作成したプロジェクトはForguncy Proにそのまま移行できるため、先にForguncyで開発をスタートし、Forguncy Proリリース後に機能を追加するといったことも可能です☆|Forguncy Pro 先行発売について http://bit.ly/1vC1Gvy

こ うしたものづくりの革新に成功すれば、国際的な競争力を高めることができる一方で、大勢の人を雇用する製造業で人手が要らなくなることが懸念され、光と影 を生み出すことになりそうです☆|「第4の産業革命」日本乗り遅れるな NHKニュース http://bit.ly/1D53kzN

優 れた財務上の成果を達成できているそれらグローバルの「モバイル先進企業」と、そうではない日本企業を分ける分水嶺となった要素はいったい何なのであろう か☆|IT部門は経営層の狙いをくみ、効果創出の橋渡し役に http://nkbp.jp/1D53g39 ‪#‎ITpro‬

「利用部門、特にキーパーソンを明確に参画させる体制を作ることが、プロジェクト成功のために最も大事なことだ」、正にこれです☆|(第2回)ダメ発注その1、要件定義もできない“低クオリティ” http://nkbp.jp/1ywWoDV ‪#‎ITpro‬

ゲー ミフィケーションという言葉がありますが、ゲームの要素を取り入れることが社員の意欲を高めます。結果として社員は持続的に健康を改善する行動に取り組む というわけです☆|IoT生かし社員の健康増進と医療費削減を実現。「健康管理システム」に企業が注目! http://nkbp.jp/1ytZ7mo

某 A社さんが進めている協業のスキームでの「新規事業の創出」はとても上手いやり方だと思います☆ITベンダーの新規事業推進チームは必ず“蒸発”する http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/120400018/

企 業はこれから自社の強みを明確にしたうえで、クラウドを基盤とした業種業界別のソリューションモデルや、ビッグデータやIoT/M2M、さらにはロボット といった幅広い領域への対応を視野に入れる必要がある☆|クラウドファーストで環境激変、企業が選ぶ「ハイブリッドクラウド」の今 http://nkbp.jp/1zel33S ‪#‎ITpro

♪本日のプログ レは、The Dark Side Of The Moon‬by Pink Floyd 1973年の発表、これまでにないメロディアスで聴き易いサウンドで一躍ベストセラーとなった名盤、最新のビルボード・チャート「Billboard 200」で米Google Playのダウンロード販売で13位にランクインしたとのことです♪

0009

2014.12.1から2014.12.5までの投稿記事のまとめ☆

2014.12.1から2014.12.5までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。先週に限らないお話ですが、ビッグデ-タの話題もHadoopやNoSQLなどのツールからどのようにデータを活用するかに焦点が移ってきました。とくに振興著しいのは人工知能(AI)と呼ばれる分野ではないでしょうか?AIは30年ほど昔、私がC言語とかWindows1.0などと格闘している時だったように思いますが、ブームとなりエキスパートシステムとかナレッジエンジニアとかプロローグ、LISPがこれからのコンピュータ技術として華々しく語られていました。80年代の終わりと共にブームは一旦去ってしまいましたが、どうやらビッグデータと共に帰って来たようです。

AIには三つのアプローチがあります。
1.文法や構文木をのようなルールでコンピュータ処理を行う。
2.大量のデータから統計的、確率的な処理を行う。
3.ディープ・ラーニング、ニューラルネットワークの一種でより低レベルの情報から高レベルの情報を段階的に導き出す機械学習の新方式。

日本では、82年から当時の通産省主導の国家プロジェクトとして「第五世代コンピュータ」があり、そこでAIが進められていましたが、結果的には失敗に終わりました。失敗の原因としては日本政府の財政悪化に伴う予算カットなどによる計画の縮小などもありますが、ここでの基本的な方式は「1.」のルールベースの方式であり、このルールで固めた方式は柔軟性に乏しく複雑な問題に対応できないとされています。欧米でも同じ理由からエキスパートシステムは使えないとしてAIバブルは終焉を迎えています。

そして次ぎに登場したのが「2.」の方式で、確率・統計的な考え方を導入しペイズ理論を情報科学に応用するアプローチです。確率・統計の精度を上げるためには「大量のデータ」が必要となります。それが2000年以降のWebのブームにより「大量のデータ」が発生するようになったことで弾みがつきました。かつてルールベースで行おうとしていた翻訳などもこの方式で行うようになりGoogle翻訳などはこの代表例です。そしてこの「大量のデータ」とは言うまでもなく「ビッグデータ」のことです。

「3.」については別の機会にでも。

今後何をしていけばいいのか、IT部門にいる人自身がわかっていない。これは、業績の良さや業種にかかわらず、全体に共通して見られた傾向だ☆|再び低成長のIT投資、“守り”を優先–機能縮小が懸念されるIT部門:ITR分析 http://bit.ly/1zyRfgA

IBMとの契約。Dockerの発表によると、IBMが各種Dockerプロダクトのリセラー(再販業者)になってくれる☆|Dockerが初の商用製品と三つのオーケストレーションツールを発表 http://tcrn.ch/1A1xqyv

何はともあれ投票に行きましょう☆|ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測 Yahoo! JAPANビッグデータレポート http://bit.ly/1yxEQLw ‪#‎yjbigdata‬

このサービスは当面無料で提供していく予定☆|ヤフーがIoT領域に参入――2015年春に“IoT向けのBaaS”を提供 http://tcrn.ch/1rViNOi

欧米では“ベイジアン”と呼ばれるベイズ統計学を扱う統計学者が増えているようですが、日本ではまだそこまでではないようです☆|★4回シリーズ★ 特集「ビッグデータの実践活用」ビッグデータと人材育成 http://bit.ly/1AnBvOj

グーグルの人工知能は、画像の被写体を認識する「画像認識エンジン」と、「Google翻訳」などで使う統計的機械翻訳技術をベースにした「文章生成エンジン」の二つで構成する☆|画像の内容を解読する人工知能を実現、米大手ベンダーや有力大学が火花 http://nkbp.jp/1tFy9RZ

今後は、ハードウエアからBPOやクラウドコンピューティングなどサービス分野へのシフトがより鮮明になっていくという☆|ニュース – [データは語る]国内IT市場は11兆1500億円に、IT投資も増額傾向:ITpro http://nkbp.jp/1wtrC2Q

この装置では脳の活動がリアルタイムで分かるので、例えばリハビリ目的で利用できる可能性がある。これは、一般ユーザー向けのコンパクトな装置として設計したものであり、ゲーム用や医療用の特別な装置ではない☆|ウエアラブル型の一般向け脳活動計、日立ハイテクが試作 http://nkbp.jp/1tJgF6r

先日はお世話になりました^^/写真が^^;;レポート:Excel方眼紙を活用する「Forguncy使い方セミナー」レポート #gihyojp http://bit.ly/1zZWaYy

「新しいお客さんを呼び込むのは、たぶんマーケティングが必要。プレゼンスを上げて、マーケットで存在感を出して、お客様から来てもらうようにする。サイボウズさんのようにプロダクトやサービスを持っている会社は当たり前のようにやっているが、(受託開発のSIerも)こういう方向に逆転するしかない」(倉貫氏)☆|「納品をなくせば」の倉貫CEOたちが語る新しいSIへの道 ‪#‎asciijp‬ http://bit.ly/1vZP9ci

IoTは人を中心とした『コト』のインターネット。ICTを活用して、どのような新しい文化を創造するかが重要になる☆|IoTは一過性のブームで終わってしまうのか http://nkbp.jp/1vYNF1L

研究チームは今回、フラッシュメモリと同じように電荷をとらえて振る舞うことができるPOM分子を設計、合成し制御することができた☆|「ムーアの法則」が破られるかもしれない:トランジスタと同じ働きをする単分子 http://bit.ly/1vYNELe

♪本日のプログレは、Tubular Bells by Mike Oldfield 、73年発表の1stにしてバージンレコードの第一弾。映画『エクソシスト』のテーマ曲として使用されたことでも有名、ロンドンオリンピックの開会式で演奏されたことは記憶に新しいところです♪

TubularBeells

2014.11.25から2014.11.30までの投稿記事のまとめ☆

2014.11.25から2014.11.30までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。先週はユーザ企業が基幹業務にまでクラウドを導入し始めた記事が注目を集めました。中でも東急ハンズはソフトウェアの内製化まで進めているとのことで、日本のユーザ企業がITを理解して使いこなすといった観点ではとても良い方向性ではあるもののSIerとしては複雑な思いがあったのかと思います。しかしながらこのように内製化できる情報システム部門はそう多くはありません。我々SIerはクラウド化などを含め、ユーザ企業に入り込んで内製化支援、情シス支援など、要件定義通りのシステムを作るのではなくユーザ企業の利益に貢献する姿勢が必要ではないでしょうか。

話は変わりますが、年末恒例の「JASIPA ICTビジネス交流会&忘年会」を来たる12月11日ちよだプラットフォームスクウェア内ニッポンの郷土の食と地酒の店「fune フネ」にて開催いたします。JASIPA会員の皆さまはもちろん、非会員の皆さまも多くのご参加をお待ちしております^^/U
https://www.facebook.com/events/870159289669255/?pnref=story

「俺のフレンチ」などの15店舗で行った実証実験では、1万7,000人が利用し、そのうち約60%が「Airウェイトがあれば再来店したい」と回答したという☆|リクルート、予約管理の「Airリザーブ」と順番待ち管理の「Airウェイト」を発表 ー 「Airレジ」のアカウント数は10万件を突破 http://bit.ly/1FCGRGk

この時代のSFでさんざん書かれたような社会未来像の予想みたいなものが、いま現実になりつつあるんです。ところが、いろんな起業家、もしくは社会活動している人たちにそういう視点がないんですね。なぜなら、そういうSF読んでないから☆|岡田斗司夫なう http://bit.ly/1FCGHyR

ソニックガーデンの「納品のない受託開発」☆|アジャイル開発のための新しい受託開発のビジネスモデルの考察と実践(国際論文の日本語オリジナル原稿を公開します) | Social Change! http://bit.ly/1vq3Tiu

1980年代の人工知能研究時代のルールベース、知識処理以上に紙と鉛筆、頭脳だけで勝負していた元言語学者がIBMやマイクロソフトにて大量の実例、すなわちビッグデータ活用の自然言語処理に転向したおかげで、翻訳精度は目に見えて向上し始めました☆|ビッグデータが支える、25年ぶりの人工知能ブーム http://nkbp.jp/1ycMaLd

リクルートテクノロジーズは、プライベートクラウドとAWSを開発案件によって使い分けている。「開発するアプリが扱う情報に対して5、6段階でセキュリティのランクを定め、顧客の個人情報を扱う場合はプライベートクラウド、重要な情報を扱わないキャンペーンサイトなどの場合はAWSと使い分けている」☆|ロックイン回避やお試しニーズ増加で進むクラウドの使い分け http://nkbp.jp/1ycM7yV

「知の探索」とは「オープンイノベーション」ともいえるでしょう。つまり、「外部と連結する」「知と知の組み合わせを試してチャレンジする」という取り組みです☆|P&Gと3M、ヒット商品を生み出し続ける秘密 「闇研」のルール化で開発を活性化 http://bit.ly/1ATV4Rf

これは面白そうです♪|代官山蔦屋書店、ビッグデータとGoogle Glassを組み合わせた体験イベントを開催:MarkeZine(マーケジン) http://bit.ly/1ATV4R8

クラウド化すると決めたからには片っ端から実行する。中途半端にオンプレミスとクラウドの両方のシステムを維持すると、2重にコストがかかるからだ(東急ハンズ)☆|[2]なぜ今、クラウド化なのか http://nkbp.jp/1uUAIEa

プレスリリースが出ているものに限る。ファンドが2つ(合同会社RSPファンド5号, 合同会社 RGIP)と本体投資があるのでそれぞれ地域別にまとめてあります☆|リクルートの投資先2014まとめ – NAVER まとめ http://bit.ly/1uxUuQz

Cisco ACIでは、企業ユーザー向けとデータセンター向けで、コントローラーや制御対象となるスイッチ、制御のためのプロトコルも細かく分けた体系を用意☆|SDNがデータセンターを飛び出す、次の狙いは法人市場への展開 http://nkbp.jp/1uSm9kp

♪今日のプログレは、 Tales from Topographic Oceans by Yes 。先日来日公演を行っていたイエス、全盛期のアルバム「こわれもの」と「危機」の再現ライブを行ったとのこと、この海洋地形学の物語はそれらの後にリリースされ、リアルタイムで購入し聴きました。少年の私には、少々難解ではありましたが。。。♪

0007