「JASIPA」カテゴリーアーカイブ

2017.12.18から2017.12.24までの投稿記事のまとめ★

この分野はワトソンが強いですね★|三井住友海上、AI技術を活用し問い合わせ対応を高度化 – 保険市場TIMES
https://www.hokende.com/news/blog/entry/2017/12/23/170000

中国版Uber★|滴滴出行、40億ドルを調達 AI研究を加速 http://www.afpbb.com/articles/-/3156362?pid=19657886

総務省★|AIネットワーク社会推進会議 報告書2017の公表 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000067.html

マイクロソフトの「Office 365」に含まれる働き方の可視化ツール「MyAnalytics」で得られた従業員同士の関係性を、富士通のAI技術で分析して生産性をさらに高めるための手段を提案するといったサービスを開発する★|富士通が働き方改革関連で2020年度に4000億円目指す、AI活用で米MSと協業 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/122202910/?n_cid=nbpitp_fbbn&rt=nocnt

エストニアの電子政府システムの根幹「X-Road」にはすでにブロックチェーンが活用されていいて、中央当局からデータが独立している★|人工知能、ブロックチェーン、安全なデータ社会における先端テクノロジーの役割 http://ascii.jp/elem/000/001/606/1606799/

過去に出回ったフェイクニュースを検証した結果、90%の精度で「嘘」であることを見抜くことに成功したという★|AIとフェイクニュース 「量産」の恐怖と「撲滅」への期待 https://forbesjapan.com/articles/detail/19031

AIは急成長しており、2025年までにはクラウド収益の10%がAIによってもたらされると予測される★|大手のAIサービスは画像認識や音声認識の次のレベルへ - TechTargetジャパン データ分析 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1712/19/news01.html

オフィスでは社員同士で呑むだけでなく、2ヶ月に1回くらいのペースでTimeTreeユーザーを募って、パーティをやっている。「インタビューという堅苦しい感じではなく、発表とかもなく、基本的にユーザーと交流を深めるのが目的。お子様連れで楽しんでくれる方もいますね」(深川氏)。 http://ascii.jp/elem/000/001/598/1598203/

凄い!わずか数cmの誤差を実験で証明 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111500524/121100001/?ST=spleaf&P=2

現在貨物および物流業界は、大勢のブローカーと、複雑なサプライチェーンの中に隠された情報を、大量に抱え込んでいる。このチェーンのすべての側面にアクセスすることができる単一の事業者は存在しない。 http://jp.techcrunch.com/2017/12/16/2017-12-15-ups-bets-on-blockchain-as-the-future-of-the-trillion-dollar-shipping-industry/

乳がんの転移を調べるための画像判定★|AIが医師に「圧勝」の衝撃 医療は変わる?医師の見解は(市川衛) – Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20171217-00079287/

 

 

2017.12.11から2017.12.17までの投稿記事のまとめ★

ここからは推測になるのですが、おそらくはPEZY社はエルピーダからの何らかの形で開発受託を受けており同社の経営はエルピーダが破綻した段階で相当苦しくなったのではないかと想像するところです。実際不正がささやかれている「イノベーション実用化ベンチャー支援事業/超広帯域Ultra WIDE-IO3次元積層メモリデバイスの実用化開発」もエルピーダが破たんした翌年の2013年度の事業です★ http://lite.blogos.com/article/264690/

どこにでもあるような小型ドローンが悪用されて、人類を襲ってくることもありうる★|新たなセキュリティ領域としての「キラーロボット」:ロボットが人を襲撃してくる時代へ(佐藤仁) – Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20171216-00079292/

「10%」ではなく「10倍」の改善を目的に掲げれば、エクスポネンシャル技術が必要になります★|世界の新しい常識「シンギュラリティー」とは?【電通デザイントーク・前編】 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 https://www.advertimes.com/20171215/article263062/

凄いな!これでスマホ落としても大丈夫になりそうです♬ 世界初 割れてもすぐ直るガラス開発 東大の研究グループ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259351000.html

長らくデジタル化が難しいとされたきた建設現場だが、今や最先端のデジタル化の舞台になっている★|NVIDIAのCEOが日本のAI活用に期待、コマツとの協業で自律運転マシンが建設現場へ (1/2) – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1712/14/news049.html

「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立、産業界へのAI適用を加速 https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20171214_160019.html

新たに調査項目に加えた「ディープラーニング」と「ブロックチェーン」は新規導入可能性で極めて投資意欲が高いことが明らかになっています。また、昨今注目が高まっている「RPA」(Robotic Process Automation)についても、新規導入可能性および投資増減指数の両方において高い結果を示しました★ https://japan.zdnet.com/article/35111739/

ブロックチェーンがまさにそうだが、分散と共有は同時に成立しうる★|人工知能が本当にかしこくなったときの最初の仕事はなにか? http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/408/408734/

複雑化と混沌は、見方を変えればそのまま拡張、共生とも取れる★|AIからゴッホが生まれる日──Innovative City Forum 2017レポート|WIRED.jp WIRED.jp (@wired_jp) https://wired.jp/2017/12/12/2017-icf/

2017年は歴史上、最も人工知能が進化した年といっても過言ではありません★|IoTと人工知能だけでは足りなくなる http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/070800054/121300035/?n_cid=nbptec_twbn_d&rt=nocnt

アップルのオープン化でシリコンバレーのAI研究は一段と活性化しそうだ★|秘密主義を捨てたアップル AI研究、異例の公開:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24264750V01C17A2000000/

パーソナライズドは、Adobe Senseiによって日々高度化していく★|この世からABテストはなくせる、アドビが目指すAIの世界:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/120801237/?n_cid=nbpitp_twbn_top&rt=nocnt

 

2017.2.6から2017.2.12までの投稿記事のまとめ★

センティエントは通常、米国株の銘柄を幅広く保有し、1日に何百回と取引をし、ポジションは数日ないし数週間単位で保有する★|創業者は九大出身、100%AIのヘッジファンド誕生-株取引に人間の感情は邪魔か https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00416998

リクルートでは2011年から「スタディサプリ」というオンライン上における教育事業を開始し、2014年からAI研究で著名な東京大学の松尾豊准教授との共同研究を開始している★|人工知能が「落ちこぼれ」のない教育を実現させる http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170210/BestTimes_4575.html

余計な感情を挟まないところが良いですね★|AI(人工知能)が人事情報を一元管理する時代に! 勤怠管理、メンタルケア、福利厚生までカバー http://healthpress.jp/2017/01/post-2780.html

マンホールの中、セルラー通信が届かない山、トイレ、移動中、上空など様々な場所での活用★|ソラコムのLoRaサービスを活用した具体事例 ーSORACOM LoRaWAN Conference 2017レポートhttps://iotnews.jp/archives/48116

格差社会の拡大に貢献しそうです。。。★|人工知能による自動化が進むゴールドマン・サックス、人間のトレーダーは600人から2人へ http://gigazine.net/news/20170208-goldman-sachs-automation/

AI農業の「AI」とは、「人工知能(Artificial Intelligence)」の研究も包含する、「農業情報科学(Agri-InfoScience)」を指している★| 人工知能がかなわない、日本の熟練農家 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/020600773/?rt=nocnt

障害物をものともせず伝播する性質をいかし、将来的には高性能な無線通信用の電波として用いることも可能と考えられています★|医療や通信、IoTに交通インフラまで応用が可能な小型・強力なミリ波発信装置が開発される http://gigazine.net/news/20170208-uci-powerful-millimeter-wave-signal-generator/

人工知能をめぐる最新事情★|「創作する人工知能」を誕生させるために必要な条件 http://ascii.jp/elem/000/001/428/1428797/

確かに時代にふさわしいシェアですが、共有ゲートウェイという発想が凄い★|IoT通信キャリア「SORACOM」、省電力で広域通信のLoRaWANに対応 https://japan.cnet.com/article/35096187/

LoRaWANだとソフトバンクと競合でしょうか、sigfoxもやりそうですね★|オープンな利用も視野に入れたSORACOMのLoRaWAN対応 http://ascii.jp/elem/000/001/430/1430170/

このように思いつきで面白いものを作るのとマネタイズは別なような。。。★|「IoTが分からない」と悩むなら、まずは酒場へ行きなさい http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/020400771/

会話をすることで脳の健康を支援する対話ロボットが実現できる可能性がある★|ImPACT、対話ロボットを用いて脳の活性化を目指す、会話の難易度を定量化する脳解析手法を提案 https://iotnews.jp/archives/47825

農業の省力化は喜ばしいですが、農業経営の変革が重要ですね★|AIやIoTによる「スマート農業」への道程–ロボット化で目指す“人手ゼロ” https://japan.zdnet.com/article/35095774/

グーグルは20%ルールとして勤務時間の20%を好きな研究開発に費やして良いとしている。日本の中小ソフトウェア会社は残念ながら生産性(利益率)が低いところが多いので同じことを行うのは難しい。ならせめて自己啓発の学習なども残業代くらい出して支援すべきでは★|自己啓発の学習も労働時間 厚労省が指針 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H6H_T00C17A2CR8000/

航空運賃など以前からありましたがAIとは言ってなかったような。。。★|福岡ソフトバンクホークス、主催全試合で「変動価格制」導入 AIが料金決定 http://www.sankei.com/economy/news/170206/ecn1702060002-n1.html

通院をやめる可能性の高い患者に対し、予約日の前日に電話をしたり、来院時に頻繁に声をかけたりする対策が取れるようになると期待する★|東大とNTT、AIで糖尿病患者の通院中断を推定:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG03H3L_V00C17A2TJM000/

CAN

2016.7.11から2016.7.18までの投稿記事のまとめ★

肉体労働が無くなった現代人がジムでお金を払って重たいものを持ち上げているように、脳トレーニングのジムが流行るかも★|脳科学者は「人工知能社会」をどう考えるか? http://president.jp/articles/-/18408

雨傘ドローンは良いな、私も欲しい★|ソラコムカンファレンスの展示コーナーほか 生活で使うちょい先のIoT製品は今こんな感じ http://ascii.jp/elem/000/001/194/1194843/

人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります★|グーグルX創設者が語る「『人工知能』で生活はどう変わるのか」グーグルX創設者セバスチャン・スラン氏インタビュー http://president.jp/articles/-/18405

無農薬は手間が掛かるが、そこをテクノロジーで解消★|人工知能搭載ドローンが「寝ている間に害虫駆除」佐賀で実証実験に成功|ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp/2016/07/post_664820.html
Preferred Networks(PFN)と提携しているファナックが注目ですね★|ロボットメーカーはIoTと人工知能をどう活用するの? https://newswitch.jp/p/5352

非中央集権的なアプローチによる管理にどんな意義があるのだろうかと考えていたら、その昔、特定の会社にデータを握られるのは理不尽であるとして、組織や個人の別々のサーバーが連携する分散型SNSを考えたことを思い出した★|ブロックチェーンは、結局のところ何が新しいのかhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/062400138/070800003/

超高速開發ツール等を用いて工数を減らすことを考えるべきと思うのだが、業界の趨勢はオフショアを使ってでも単価を下げようとするんだよね。。。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/070400094/?n_cid=nbpitp_fbbn_top

「1996年の段階でビットコインとほぼ同じ要素技術を使った電子マネーを開発して、特許まで出願しているんですよ。」とのことですが、なぜそこで止まっているのだろう★|日銀フィンテックセンター長が語る「人工知能で金融政策」 http://diamond.jp/articles/-/95086

渋滞時のドライバーのストレス軽減には良さそうです★|日産、新型「セレナ」に自動運転技術「プロパイロット」を搭載 https://iotnews.jp/archives/25890

デバイス側にグローバルなIPアドレスを持たせることなくプライベートアドレスでIoTデバイスにアクセス可能なのが特長。さらにデバイス間同士も通信可能になるため、デバイス間通信を用いた新しいサービスも可能になります★|ソラコム、IoTデバイスとクラウドを1つの仮想ネットワークで結ぶ新サービス「SORACOM Gate」を発表 http://www.publickey1.jp/blog/16/iot1soracom_gate.html

人工知能は失敗を恐れずにゼロから試行錯誤できる自由さや柔軟さが身の上です★|人工知能から学ぶ、独創的な学習の方法 http://president.jp/articles/-/18474

AI活用でユーザーの過去の購買履歴や嗜好の違いよってトップページ情報を変化させていくことで利用促進を図るとのこと、メールが減るとよいですね★|楽天・三木谷氏が語るトラベル新戦略、「AI(人工知能)活用のサービスを本格化」、新体制から新サービスも発表 -楽天トラベルEXPO2016 http://www.travelvoice.jp/20160712-70359

企業が自動化・人員削減ばかりに目を向けると価格の叩きあいで自滅するような★|2045年、人工知能が人間の仕事の99%を奪う!?そのとき人間はどうなる? http://blogos.com/article/182939/

保育や介護といった一億総活躍社会の実現に向けた施策や、人工知能(AI)などの成長戦略にも重点的に予算を付ける方向で調整が進みそうだ★|アベノミクス、なるか再起動 景気下支え正念場  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H01_Q6A710C1EE8000/

人間の忘れ方って、すごく高度で、都合のいい情報だけ覚えていて、都合の悪いことは忘れたりしますがw|記憶力が悪い人工知能ロボットを発見 分かってる。Pepperに悪気がないことくらい。 http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1607/10/news003.html

0004

2015.9.14から2015.9.23までの投稿記事のまとめ☆

AIソリューションが自分の会社の目的達成に役立つかどうかをベンダーとの議論には、業績を評価する指標(KPI)をあらかじめ定めてから臨むべきだろう。☆|人工知能を企業で活用するには–4つの事例を紹介 http://japan.zdnet.com/article/35070229/

グーグル・グラスから生まれ変わった「Project Aura」が向かう方向は、ウェアラブル製品だけでなく、IoTやスマートホームにも関わってくる可能性があるのです☆|グーグル・グラスは「Project Aura」に生まれ変わっていた : ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp/2015/09/project_aura.html
なぜ今、テクノロジー分野はアメリカ「独走」なのか? 〜Appleやgoogleがヨーロッパで生まれない理由 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45071

Windows 10が少ないメモリーをはじめとする貧弱なスペックのパソコンでもそこそこ動くのは、WindowタブレットやWindows Phoneなどのモバイル端末、さらにはXBOX Oneなどのゲーム機での動作も想定している設計だからなのかもしれない☆|Windows 10は貧弱マシンの強~い味方!? 処分直前のノートが10で命拾い http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/255608/091600117/?n_cid=nbpitp_itptw_top

これほど多くのインダストリアル・カンパニーがある国には、大きなチャンスがあるといえるでしょう。だからこそGEはソフトバンクなどの多くの日本企業とパートナーシップを組んでいるのです☆|米GEはいかにして生まれ変わったのか──巨大企業を甦らせた「カルチャーとオープンネス」 http://wired.jp/2015/09/18/ge-bill-ruh/

古いスマホやタブレットが「自宅警備員」になるIoT | FUTURUS(フトゥールス) http://nge.jp/2015/06/08/post-106573

「SENSY」は、カラフル・ボードが運営するファッション人工知能で、服の「好み」を分類することで、人工知能がそのユーザーのファッションセンスを学習して、最適なアイテムをレコメンドする機能を持つ☆|新宿伊勢丹で「人工知能」による接客サービスがスタート ‪#‎マーケティング研究室‬ | AdverTimes(アドタイ) http://www.advertimes.com/20150916/article203991/

Dreamforce 2015の期間中、IoT Cloudの早期導入ユーザーであるEmersonとPitney Bowesの2社によるユースケースが紹介される予定だ。引き続き詳細を追っていきたい☆|米Salesforce.comが「IoT Cloud」を発表、IoT市場に本格参入へ http://it.impressbm.co.jp/articles/-/12809

どうデータを集めて処理を行うのか、構造の見直しから関わっていく必要がある。例えばデータをクラウドだけでなく、エッジコンピューティングでも処理することで、負荷が少なく対応も速くなる。http://business.nikkeibp.co.jp/atclbdt/15/258684/091500007/?rss

シュミット会長はAIが長期的に社会の可能性を広げていくには、現実世界のニーズを第一に考え続けることが必要、としています☆|Googleのエリック・シュミットが考える人工知能の行く末 – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20150915-ai-google-eric-schmidt/

「競合企業が今後12カ月でビジネスモデルを大きく変化させてくるか?」という問いに対し、世界の経営者の68%が「はい」と答えたのに対して、日本の経営者は16%にとどまった――☆|IoTの衝撃~日本企業はデジタルによる破壊的な変革にどう立ち向かえばよいか http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/090100208/091500007/?n_cid=nbpitp_itptw_top

教育事業部門については、2015年末までの立ち上げが予定されており、事業運営にはAppleが協力するとみられる☆|IBM、IoT部門と教育事業部門を設立 http://japan.zdnet.com/article/35070538/

IBMが脳型チップ普及に本腰、ハードとソフトの開発環境公開 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/320925/091100006/?n_cid=nbptec_tectw

日本の第五世代コンピューターを含むExpert Systemは失敗の象徴として語られることが多いが、目指した方向は正しかったのかもしれない☆| Deep Learningの実力と限界、人工知能のロードマップ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/466140/090900053/?n_cid=nbpitp_itptw_top

スマホは充分に使えないばかりかネット環境もない環境に、離れた場所から孫の姿をリアルタイムに伝えたい☆|元アップルの梶原氏が狙う“IoT越え”の新サービス「まごチャンネル」 【@maskin】 http://techwave.jp/archives/mago-channel-launching.html
日本では、スタートアップ企業が成長せず、大手企業の新規事業が成功していません。理由の1つは、エコシステムが成り立っていないことです。スタートアップ企業と大手企業のコミュニケーションやコラボレーションが少なすぎると考えます☆| IBMの「Watson」がスタートアップ企業を生み出している http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/14/262522/091100196/?n_cid=nbpitp_itptw_top

ロボット「MEEBO(ミーボ)」は、画像認識センサーで園児の顔を認識し、写真を自動的に撮影してくれる。インターネットを介して園と保護者で共有することができる☆|[エドテック]ボクたちの先生は人工知能・ロボット 教育現場にITの風《ニューストレンド》 http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/trend/15/1017091/091100008/

War_Child

2015.8.31から2015.9.6までの投稿記事のまとめ☆

IntelやQuTechが研究するのは、いわゆる「量子ゲート方式」、量子コンピュータには、汎用のコンピュータを目指している量子ゲート方式のほかに、組み合わせ最適化計算のみが解ける「量子アニーリング方式」がある☆|米Intelが量子コンピュータ研究に5000万ドルを投資、オランダの研究機関と提携 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/090402873/?n_cid=nbpitp_itptw_top

津賀社長は「住空間に何が提案できるかが重要。パナソニックは家電だけでなく住宅もやっているが、サムスンは持っている物がかぎられている」と強調した☆|「どこかで破たんする」オールIoTには懐疑的、パナソニック社長 – 産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/150905/wst1509050012-n1.html

プログラマーは、単純なプログラミングはAIに任せ、どんなアプリを創造するがメーンの業務になる☆|【「01」発想講座】人工知能が自動プログラムする時が来たら人間は何をすればいいか – ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150904/ecn1509040830005-n1.htm

Parseは、8月にすべてのSDKをオープンソース化した際、同社のSDKはすでに1カ月あたり8億を超えるアプリとデバイスのアクティブな組み合わせを生み出しているとアピールしていた☆|Facebook傘下のParse、インテルなどの製品に対応するSDKを発表–IoT強化 http://japan.zdnet.com/article/35069955/

人工知能を使いこなさない限り、我々中小のソフトウェア開発会社が生き残っていくのは難しいでしょう。なぜならエンドユーザーであるクライアントが、自ら簡単にソフトウェアを作れるようになるからです☆|人工知能は中小企業の仕事を奪うか? | 小さな組織の未来学 http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/390271/090200027/

同期間のモバイル/クライアントコンピューティングデバイスの年間平均成長率は4.9%で、2019年の稼働台数も1億9800万台にとどまるという☆|[データは語る]国内IoTデバイス市場は2019年に12兆円を突破、9億5600万台が稼働―IDC http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/110601779/090300300/?n_cid=nbpitp_itptw_top

地ビール醸造メーカーなどがアプリに自社製品の情報を入力すると、データが人工知能と機械学習アルゴリズムを運用するデータセンターに送られます。データはリアルタイムで存在するレビューのビッグデータから、NVIDIAのGPUによって通常の3倍速く解析され、自分のビールに何が足りていないのか、ということがすぐさまダッシュボードに表示されます☆|おいしい地ビールをビッグデータとNVIDIAのGPUで作り出す方法とは? – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20150903-better-beer-through-gpu/

コマツの坂根氏がKOMTRAXの無償提供を決断したように、IoTサービスの企画・実施には経営トップの強いコミットが必要になる☆|コマツがライバルに勝った理由 IoTは経営者の意思で決まる http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/531236/090100032/?n_cid=nbpitp_itptw_bottom

AIが領収書などの画像を解析し、金額や日付などを自動で入力するほか、項目も仕分ける☆|人工知能、経理情報のデータ化に活用 メリービズ  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HQG_S5A900C1TJC000/

CNNはギターのディストーションの特性を把握しディストーションが多用される音楽のプレーリストができる。ここにはLed Zeppelinの「Dazed and Confused」などがリストされ、いずれの曲もエレキギターのメタリックな歪んだサウンドを楽しめる♪ |21世紀のBeatlesはDeep Learning、人工知能が音楽産業を救う http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/466140/083100051/?n_cid=nbpitp_itptw_top

IBMも2014年に、開発中のディベート機能「IBM Debating Technologies」のデモを公開している☆|[脳に挑む人工知能14]「ディベートAI」の背後にある知性と感情 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/090100053/082700079/?n_cid=nbpitp_itptw_bottom

建機類にはメーカー標準のデータ収集の仕組みが備わっている場合がある。コマツの建機稼働管理システム「KOMTRAX」などが有名だ。だが、これはゼネコンである東急建設にとっては使い勝手が悪い☆|東急建設が「建機IoT」、環境対策と配置効率化目指す http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/083100328/?n_cid=nbpitp_itptw_bottom

スマートコンセント一つ販売できない日本で、本当にIoTが花開くのか☆|IoTに立ちはだかる霞が関の壁  編集委員 西條都夫 :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO91168260R30C15A8000000/

無線識別(RFID)システムを使い、販売実績だけでなく試着されたかなどの情報も収集する。こうした仕組みを先行導入するため、16年度予算の概算要求に4000万円を新規に盛り込んだ☆|経産省、衣料品の売れ筋ビッグデータを生産計画に即時反映させる取り組み開始:日刊工業新聞 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520150901abas.html

ハサビス氏は現在、人間の脳のように動作する単一のアルゴリズムを開発中だそうで、「我々は現在一般的に言うところの『心』のようなものの開発に挑戦している☆|Googleの自己学習する人工知能DQNを開発した「ディープマインド」の実態、何が目的なのか? – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20150831-google-deepmind/

飲食店が導入を検討している施策について、POSデータやAPTが独自に調査する地域特性に関連するデータから、施策に適切な実験店舗を割り出し、売上や利益、来店客数、客単価などへの施策の貢献度を実験を通して算出する☆|CTCとアサヒビール、飲食店向けのビッグデータ分析の協業を開始 | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2015/08/31/283/

交通量やスピードを出す車両が多い生活道路を割り出すこともETCによるビッグデータで可能となり、今後は生活道路への進入や速度を出すことを抑制するため、道路を狭くしたり、路面にこぶをつくったりするなど、全国で効率的な対策をとっていく方針だ☆|【日本の議論】次世代「ETC2・0」はスゴすぎる! ビッグデータで最適経路を即座に案内 将来は自動運転機能も… – 産経ニュース http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310006-n1.html

人工知能が苦手とする状況判断力と筋道の理解力を磨いて、問題解決能力の高い人材になり、人工知能を使いこなせるようになればいいのだ☆|ホワイトカラーの半分は人工知能に http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278917/082700004/?n_cid=nbpnbo_twbn&rt=nocnt

0001

2015.6.29から2015.7.5までの投稿記事のまとめ☆

日立オートモティブが量産を開始したひずみセンサーは、加重・圧力、トルク、引張り、せん断力、低周波振動など幅広い物理的変化を計測できる☆|日立オートモティブ、IoT向けひずみセンサーを量産 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150703/426200/?n_cid=nbptec_tectw

モノを売るビジネスがプロダクトを売るのに対して、成果を売るビジネスはプロダクトとサービスを売る☆|GEは78兆円の新市場に参入、IoTは事業モデルを転換させる:アクセンチュア調査 http://japan.zdnet.com/article/35066790/

「設備の故障を事前に予知させるほか、これまでベテラン保守社員が担当していたきめ細かなエアコン設定などのノウハウを学習させることを考えている」☆|ビル管理のIoT化でセキュリティが重要に、竹中工務店が講演 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/070202214/?n_cid=nbpitp_itptw_bottom

CIAがSparkのようなOSSを積極的に活用している実態も明かした。CIAは2014年、米Amazon Web Services(AWS)に依頼して、AWSのパブリッククラウドと全く同じ仕様のクラウド環境を、CIAのデータセンター内に構築している☆|トヨタやCIAが採用、ビッグデータの次の主役「Spark」  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150630/425560/?n_cid=nbptec_tectw

人工知能の活用などでマーケティングオートメーションはますます進化し、顧客一人ひとりと、よりきめ細かなコミュニケーションを行うことも可能になるだろう☆|静かに広まる「人工知能」、新段階の自動化と商機に期待 http://bizgate.nikkei.co.jp/article/87991816.html

デジタル時代でも紙はたくさん使われる。ディスプレーは表現力が豊かではあるものの、紙の方が運びやすく、使い捨てもできる☆|「紙をIoTデバイスに」 魔法のインクで描く未来  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88458590U5A620C1I00000/

コマツのデータ活用導入の歴史は長い。iPhoneやスマートフォン(スマホ)が登場するよりも以前、NTTドコモがi-modeを開始した1999年まで遡る☆|コマツとクボタは、隠れたビッグデータ活用先進企業!今後の鍵を握る「カイゼン」のDNA http://biz-journal.jp/2015/07/post_10578.html

人工知能の開発に数の論理は通用しません。むしろ少人数のグループでじっくりと思考を重ねることで、思慮深くはたらくテクノロジーが生まれるのです☆|人工知能を「民主化」するスタートアップ、Nara Logics http://wired.jp/2015/06/30/nara-logics-ai/

「MEMS(微小電子機械システム)」への注目度が高まっている☆|自動運転、IoT、人工知能、いずれにも必須のMEMS技術 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150629/425543/?n_cid=nbptec_tectw

カルテや診療報酬明細(レセプト)などの個人の医療情報を本人の同意の上で事業者に提供する機関を認定する☆|ビッグデータで新産業創出へ新法 政府、IT政策基本方針  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H0B_Q5A630C1EAF000/

2015年6月30日(火)にForguncy Update 2.1をリリースしました。Update 2.1の詳細はこちらをご覧ください。 http://www.forguncy.com/about/information/2014/20150630_forguncy_update21

『機械: わたしは、哲学的な議論をする気分じゃない。』、人工知能に気分があったとは!?|人工知能マシン、プログラマーに怒る http://jp.wsj.com/articles/SB12090554170328684804804581077034213786172

そもそも日本では、IoTが新しいマーケットを切り開いていくのに役立つインフラであるという認識が依然として乏しいようだ☆|IoT時代のイノベーション|IoT-あらゆるモノがネットでつながる時代のイノベーション|ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/73069

意識などがなくても人間が脅威に感じるほどの“判断力”を人工知能に持たせることは遠くない将来に実現し、多くの人間の仕事を代替していくのは避けられないでしょう☆|“人工知能3原則”が登場へ http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150626/425124/?n_cid=nbptec_tectw

これまでの大量生産とは異なり、高い生産効率を維持しながら個別仕様や個別生産に対応したモノづくりの実現を目指すものだ☆|「IoT」で変わるモノづくり 電機各社が対応強化、先行・欧米勢を追い上げ – SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/business/news/150629/bsb1506290500001-n1.htm

0001

JASIPA第49回定期交流会で倉貫さんのご講演を聴いて。

昨日1月29日(木)にJASIPA第49回定期交流会(賀詞交歓会)を開催しました。多数の皆様にご参加頂き、大盛況となりました。 心よりの感謝を申し上げますm(_ _)m

ソニックガーデン倉貫さんの『「納品のない受託開発」と、その先にあるIT企業の未来』と題したご講演は多くの参加者の琴線に触れたようで、懇親会、二次会などでも感動の嵐が吹き荒れてました。

それは倉貫さんがプログラマを「プログラミングのスキルを使って、問題解決をする職業」と捉え、高い誇りと信頼を待っていること、具体的には、「プログラマを誇れる仕事にする。」、「ノルマをなくす。」、「管理をなくす」、「のれん分け」の独立支援など。それに応えてプログラマはシステムを作るのではなくユーザ企業のビジネスをITで支援する仕組みを構築し、ビジネスの成長・変化に合わせて自在にシステムを成長・変化させる。それがユーザ企業に同志とまで言わせる信頼関係を育む好循環を呼び込んでいるようです。会社(経営者)、プログラマ、ユーザの三者間の素晴らしい信頼の循環です。斎藤徹氏の「BE ソーシャル! ―社員と顧客に愛される5つのシフト」を思い出しました。

もっともプログラマと言いつつもいわゆるSI企業の用語を使うとコンサル+SE+プログラマ+インフラ運用エンジニア程度の幅広う仕事、いわゆるフルスタックエンジニアをこなすことが要求され、エンジニアのハードルは高い、その高いハードルを現実的なものにするために、特定のクラウド開発基盤でのWebアプリ開発に限定してのビジネスを行っているようです。

20150129倉貫

2014.11.25から2014.11.30までの投稿記事のまとめ☆

2014.11.25から2014.11.30までのFBやTwitterへの投稿から反響の多かった記事を纏めました。先週はユーザ企業が基幹業務にまでクラウドを導入し始めた記事が注目を集めました。中でも東急ハンズはソフトウェアの内製化まで進めているとのことで、日本のユーザ企業がITを理解して使いこなすといった観点ではとても良い方向性ではあるもののSIerとしては複雑な思いがあったのかと思います。しかしながらこのように内製化できる情報システム部門はそう多くはありません。我々SIerはクラウド化などを含め、ユーザ企業に入り込んで内製化支援、情シス支援など、要件定義通りのシステムを作るのではなくユーザ企業の利益に貢献する姿勢が必要ではないでしょうか。

話は変わりますが、年末恒例の「JASIPA ICTビジネス交流会&忘年会」を来たる12月11日ちよだプラットフォームスクウェア内ニッポンの郷土の食と地酒の店「fune フネ」にて開催いたします。JASIPA会員の皆さまはもちろん、非会員の皆さまも多くのご参加をお待ちしております^^/U
https://www.facebook.com/events/870159289669255/?pnref=story

「俺のフレンチ」などの15店舗で行った実証実験では、1万7,000人が利用し、そのうち約60%が「Airウェイトがあれば再来店したい」と回答したという☆|リクルート、予約管理の「Airリザーブ」と順番待ち管理の「Airウェイト」を発表 ー 「Airレジ」のアカウント数は10万件を突破 http://bit.ly/1FCGRGk

この時代のSFでさんざん書かれたような社会未来像の予想みたいなものが、いま現実になりつつあるんです。ところが、いろんな起業家、もしくは社会活動している人たちにそういう視点がないんですね。なぜなら、そういうSF読んでないから☆|岡田斗司夫なう http://bit.ly/1FCGHyR

ソニックガーデンの「納品のない受託開発」☆|アジャイル開発のための新しい受託開発のビジネスモデルの考察と実践(国際論文の日本語オリジナル原稿を公開します) | Social Change! http://bit.ly/1vq3Tiu

1980年代の人工知能研究時代のルールベース、知識処理以上に紙と鉛筆、頭脳だけで勝負していた元言語学者がIBMやマイクロソフトにて大量の実例、すなわちビッグデータ活用の自然言語処理に転向したおかげで、翻訳精度は目に見えて向上し始めました☆|ビッグデータが支える、25年ぶりの人工知能ブーム http://nkbp.jp/1ycMaLd

リクルートテクノロジーズは、プライベートクラウドとAWSを開発案件によって使い分けている。「開発するアプリが扱う情報に対して5、6段階でセキュリティのランクを定め、顧客の個人情報を扱う場合はプライベートクラウド、重要な情報を扱わないキャンペーンサイトなどの場合はAWSと使い分けている」☆|ロックイン回避やお試しニーズ増加で進むクラウドの使い分け http://nkbp.jp/1ycM7yV

「知の探索」とは「オープンイノベーション」ともいえるでしょう。つまり、「外部と連結する」「知と知の組み合わせを試してチャレンジする」という取り組みです☆|P&Gと3M、ヒット商品を生み出し続ける秘密 「闇研」のルール化で開発を活性化 http://bit.ly/1ATV4Rf

これは面白そうです♪|代官山蔦屋書店、ビッグデータとGoogle Glassを組み合わせた体験イベントを開催:MarkeZine(マーケジン) http://bit.ly/1ATV4R8

クラウド化すると決めたからには片っ端から実行する。中途半端にオンプレミスとクラウドの両方のシステムを維持すると、2重にコストがかかるからだ(東急ハンズ)☆|[2]なぜ今、クラウド化なのか http://nkbp.jp/1uUAIEa

プレスリリースが出ているものに限る。ファンドが2つ(合同会社RSPファンド5号, 合同会社 RGIP)と本体投資があるのでそれぞれ地域別にまとめてあります☆|リクルートの投資先2014まとめ – NAVER まとめ http://bit.ly/1uxUuQz

Cisco ACIでは、企業ユーザー向けとデータセンター向けで、コントローラーや制御対象となるスイッチ、制御のためのプロトコルも細かく分けた体系を用意☆|SDNがデータセンターを飛び出す、次の狙いは法人市場への展開 http://nkbp.jp/1uSm9kp

♪今日のプログレは、 Tales from Topographic Oceans by Yes 。先日来日公演を行っていたイエス、全盛期のアルバム「こわれもの」と「危機」の再現ライブを行ったとのこと、この海洋地形学の物語はそれらの後にリリースされ、リアルタイムで購入し聴きました。少年の私には、少々難解ではありましたが。。。♪

0007

JASIPA第47回定期交流会

昨日、7月24日(木)にJASIPA第47回定期交流会を開催しました。酷暑と雷雨に執拗な攻撃にもめげずご参加頂いた皆様には感謝感激雨あられですm(_ _)m
今回は、ITジャーナリスト田中克己氏に「IT産業再生の針路 —-中小IT企業の挑戦が新市場を創出する—」と題してご講演頂きました。

現状を10数年ぶりの絶好調と言いつつもピークあと2,3年で終わる。そもそも日本のIT企業は技術レベルが低いと冒頭から手厳しい話が飛び出す。13年度から回復基調ににあるもここ数年では大手ITベンダーがハード/ソフトそしてSIの売り上げを減らしている。そしてその最大の原因はIT投資抑制の嵐とするも、投資効果を二の次にしたとして IT部門のベンダー依存と、ITベンダー/ソフト会社に技術力が向上しても売上が植えるわけでは無いなど、技術力向上のインセンティブが働かないなどを鋭く指摘。そして日本のITベンダーが欧米ITベンダーの販売代理店になり下がっていると糾弾。

中小IT企業が進む道としては高収益型への転換を目指して、チャレンジすることとして、労働集約型の成長限界を説き。「作る」から「使う」への流れを認識、顧客との協業(一体)での事業展開、中堅・中小企業のIT部門に変身、女性を活かすなどの方向性を示唆頂く。また、既にそのような方向で、クラウドなどの技術を駆使したり、アジャイルなど新しいソフト開発手法を取り入れたり、クラウドサービスを開発したりする高い技術力を持つソフト開発会社がどんどん誕生しているとして、クラウド型、SaaS型、ビッグデータ型、創造型そしてユーザ企業の逆襲と大別してそれらの会社のビジネスモデルを紹介し、「クラウドなど先端技術を駆使する挑戦、意欲、志」が重要と締めくくりました。

今回ご参加の皆さんに最も人気があったのは「女性を活かす」のようでしたが^^;スモーキングルームで田中さんと氏の最新刊でITと異業種の融合を中心に書かれている『2020年 ITがひろげる未来の可能性』についてもお話させて頂きました。ITと異分野の「知」を混ぜ合わせることの重要性は以前JASIPA定期交流会でご講演頂いた谷脇康彦さんの著書『ミッシングリンクデジタル大国ニッポン再生』でいうところの「情報通信産業と他産業をつなげる」に通じる。これからのITの最も重要な視点ではないだろうか。プログレッシブ・ロックもまた、ロックがトラディッショナルフォークやジャズそしてクラッシックなどと融合して進歩してきた音楽です。異なった文化やビジネスの融合こそ進歩的(Progressive)であり、ITの進歩は異業種との交流から誕生するのだと思う。

本日の一枚は、「プログレッシブ・ロック」という言葉が始めて使われたと言われている『原子心母/Atom Heart Mother』、ピンクフロイドが1970年に発表したタイトルチューンがクラッシク(ストラビンスキー)色の強いアルバムです♪

0001