2018.7.2から2018.7.8までの投稿記事のまとめ★

Pocket

伊藤穰一が率いるMITメディアラボと米電気電子学会(IEEE)が始めた新たなプロジェクトだ★|さらばAI、これからは「拡張知能」と呼ぶ時代がやってくる WIRED.jp (@wired_jp) https://wired.jp/2018/07/07/ai-that-serves-humanity/

「チームの仲間に追随してサポートをする」という、人間と協力するような行動の習得にも成功していた★|世界最強の囲碁AIを開発したDeepMindが「人間を超越したFPSプレイヤー」のAIを開発 – GIGAZINE https://gigazine.net/news/20180706-deepmind-capture-the-flag/

ネットから探すという意味ではクイズ番組で勝利するのと同じでは?IBMの新しい人工知能は、人間を「論破」する能力を身につけた – 産経ニュース https://www.sankei.com/wired/news/180706/wir1807060001-n1.html

これはちょっと驚きました!|ここでIDCが調査した「国内コグニティブ/AIシステム市場 企業ユーザー調査」でAIシステムのソリューションを提供するITサプライヤの認知度は、富士通、NEC、日立製作所、NTTグループ、IBMなど国内ベンダーが上位につけた。AWSなどの主要クラウドサービス事業者の認知度を大きく上回っている。 https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclact/active/17/033000262/062900004/

研究職ではないエンジニアでもここまでできる!若きデータサイエンティストが国際学会から学んだこと――リクルート 風間正弘さん https://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10895

AIに関係する作業の内、データの前準備などのデータプレパレーション作業が8割を占めるともいわれています★|「AIで“簡単に”業務革新できるよ」は信用してはいけない – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1807/05/news047.html

校閲AIは「ルールベース」とディープラーニングによる「機械学習ベース」の2つの仕組みで構成されている★|リクルートの校閲AIが驚異的な効果 検出率は人を超え数秒で完了 http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00011/00004/?n_cid=nbpnxr_twbn

ALISのシステム概観 https://alis.to/AB2/articles/3reB0d YNlMmB

要するに別のデータで学習させるってことでは?|AIにも「心のケア」が必要に–米大学が心理療法の応用を提案 https://japan.cnet.com/article/35121839/

その新たな“システム”は、仮想空間と現実を結びつけ、困難と考えられていた現実を自動化するだろう★ https://www.sbbit.jp/article/cont1/35088

AIの社会実装を進める計算基盤として利用して産学連携を進める★|みんなで使う国内最高性能のスパコンが8月に稼働 https://newswitch.jp/p/13480

全国共通のひとつの指標やしきい値で、すべての予測ができるというわけではない。そういったところの学習は、まだしきれていない★|人工知能は地震を予測できるのか? 村井教授が進める「AI地震予測」 https://www.mag2.com/p/news/363451

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です