2018.3.12から2018.3.18までの投稿記事のまとめ★

Pocket

レイ・カーツワイル氏がSXSWで語る★|「人工知能もバイアスを必然的に取り込んでしまう」 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/031701613/?n_cid=nbptrn_twbn&rt=nocnt

三浦さんがCEOを務めるimaは、さまざまな伝統工芸の文化継承における新しいシステムを構築することで、地方と中央の”合間”に立って橋渡しになることを目指している会社★ https://jp.sake-times.com/special/report/sake_nanbubijin_ai

中西先生には昨年4月のJASIPA定期交流会でご講演頂きました★|ビッグデータ分析や感性情報処理などの技術を活用したAIシステムの研究開発を手がける国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授、中西崇文氏に聞いた。 http://www.dhbr.net/articles/-/5243

遺言のようですね 合掌|BBCニュース – ホーキング博士が語る――人類の未来、神、人工知能、安楽死…… http://www.bbc.com/japanese/video-43411281

人気者、優等生、天才肌とは言い得て妙です★|人気者も優等生も天才肌も悩む、世界三大クラウドの尽きぬ課題 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/030800026/?n_cid=nbpnxt_twbn

メタプログラミング★|「プログラムには、将棋の基礎的なルールだけでなく、どうやって機械が将棋を勉強するかが書いてある。分野の知識を記述するのでははなく、その勉強法が書いてある。プログラムはその勉強法に従って勉強をする。勉強した結果、人とコンピュータ、つまり人機一体になったものが人工知能である」(山本氏) https://japan.cnet.com/article/35115995/

IDC Japanによれば、国内のユーザー企業が自然言語解析や機械学習といったAI技術に支出する金額は年73.6%のペースで増え、21年には16年比で約16倍の2501億円に達する見通しである。16年まではPoC(概念実証)が多かったが、今後は実ビジネスへの適用が増え、それに合わせてAI人材の不足感がさらに高まりそうだ★ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27693480V00C18A3000000/

松尾氏は、「機械が”眼”を持つことにより、いま、手作業で行っているすべてのことが、やがては自動化される」と語る★ https://iotnews.jp/archives/87813

[有料会員限定]駅のホームに設置済みのカメラを使い、歩きスマホへの注意喚起を自動で放送する使い方を期待している★|歩きスマホ、AIで検出 早大:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27983090R10C18A3TJM000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です