2018.2.13から2018.2.18までの投稿記事のまとめ★

Pocket

たとえ国が侵略されて物理的に「領土」がなくなったとしても、国民の「データ」さえあれば国家は再生できる、というのが政府の考えだ★|エストニアの「電子政府」を可能にした3つの成功要因 | Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/19386/1/1/1

米ローチェスター大学の研究チームは、日本人、中国人、韓国人の顔を見分ける人工知能を開発した。
Yu Wang氏らが昨年秋に発表した論文によると、同チームが開発したニューラルネットワークは、日本人、中国人、韓国人の顔写真を75.03%の精度で分類したという。人間が分類したところ正答率は38.89%だった。 https://aishinbun.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/20180209/1102/

クラウドAIが充実しているマイクロソフト、深層学習ではグーグルに軍配★AWS/Azure/GCPのAIサービスを徹底比較しました。 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00136/021100007/?n_cid=nbpitp_fbed

現在、中国では小・中高校のカリキュラムにAI科目を追加。大学には、AI関連の学部および専攻学科を大幅に新設するなどAI教育の幅を拡大している★|世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦 | Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/19766

プログラミングやAIって、今で言うところの「算数できないと困るよね」というようなレベルの話になっていく★|「バカにされよう。主流はこっちだ」デジハリ杉山学長が考えるAI時代の教育とは|湯川鶴章|ニューズウィーク日本版 https://www.newsweekjapan.jp/yukawa/2018/02/ai-7.php?t=0

興味深い★|人工知能の運用・保守に関するノウハウを総まとめ 『人工知能システムのプロジェクトがわかる本』 https://enterprisezine.jp/article/detail/10246

慢性病は意識がつくり出している。怒りや恨みや憎しみなどの感情を持つと、それが悪い遺伝子を活発にしてしまい、ガンや心臓病の原因となる炎症を起こす。一方、喜びや愛、他人の成功を喜ぶという感情を持つと、良い遺伝子が活発になり、身体は病気にかかりにくくなって、肉体年齢も若返る。脳には心と身体と外界のバランスをとる自己制御装置があり、これを上手に使うことによって、素晴らしい人生を築くことができる-と。 http://www.sankei.com/column/news/140926/clm1409260001-n1.html

AIが発達する以前、衛星データの大半は捨てられていた。煩雑かつ膨大過ぎて、従来のコンピューターのアルゴリズムでは解析に時間がかかり過ぎたからだ★|「AIが人間の仕事を奪う」は嘘だった|ニューズウィーク日本版 https://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2018/02/ai-30.php?t=0

これまで数カ月を要していた画像認識モデルの開発期間を1日にまで短縮できる★|データサイエンティストは不要?グーグルCloud AIの脅威 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00155/021300001/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です